2015年12月10日

iPad で Blender Texture Paint

Blender Advent Calendar 2015、10日目の記事です。

Blender Advent Calendar 2015、10日目!

Blender を使っていると、細かい作業のときにペンタブレットがほしくなるのですが、iPad とスタイラスで代用できたのでその話を。

Blender には、テクスチャーを 3D 上に直接描くことができる Texture Paint という機能があります。マウスでも操作できますが、スムーズな線をマウスで描くのはなかなか難しい。素直にペンタブレットを買おうかとも思いましたが、iPad とスタイラスがあったので、それでチャレンジしてみた次第であります。

MacとiPadをつなぐのには、Astropadというアプリを使いました。

Mac と iPad の両方で Astoropad を起動し、接続方法を選択します。WiFi または USB でつなぐことができますが、私は WiFi で選択。iPad を方向変えながら描いたりするので、ケーブルがあると扱いにくいのであります。

Macの画面。表示範囲を決めているところ。
Astropad on Mac

こちらがiPad。Macの画面が表示されています。
astropad02

iPad の Astropad の左サイドにあるメニュー項目は、自由に変更できます(初期設定では Photoshop 用のものが設定されています)。

astropad03

なので、Blenderでよく使うショートカットを自分で登録するとより使いやすいと思うのですが、私は初期設定のままで、ときおり Zoom In/Out を使うだけで、ほかは通常と同じくキーボードで使ってショートカット操作しております。ショートカットって結局指が覚えているので、新しく覚え直すのが面倒というか。

描いているときはこんな感じ。
ざっくりベースの色をfillで塗りつぶして、

astropad04

詳細用の画像をもう一枚重ねて描いていく。

astropad05

仕上がりはこんな感じ。

cat

iPad に Blender の画面を表示して、そこに直接描き込むことができるので、特に操作に慣れも必要なくスムーズに作業できるのがすばらしい。

もちろん iPad に Mac の画面をミラーリングして、さらにiPadからのインプットをMacに送り返しているわけなので、多少の遅延はありますが、テクスチャーってそんなすごいスピードで描くものでもないし、私にはじゅうぶんな速さです。
今は iPad Pro と Apple Pencil を使っていますが、Pencil が届く前はサードパーティ製のスタイラスを使っていて、Pencil よりは遅延がありましたが、それでも問題なく作業できておりました。

おすすめであります。

Mac の Blender 使いで、ペンタブレット持っていなくて、iPad とスタイラスを持っている人向けの、ニッチな記事でございました。

明日は itosue さんの 「BlenderとCuraで快速3Dプリントワークフロー」です。よろしくお願いしまーす。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Permalink
Category: Blender
Tags:

FitPort

About Me

堀内 敬子(ほりうち たかこ)

堀内 敬子(ほりうち たかこ)

デザイナー。iOS/Android/WebアプリのUI作ります。猫好きです。

More

Skip to top